2008年04月22日

春は花ざかり

hanagoyomi.jpg

東京都公園協会から「花ごよみ〜江戸花屋敷の四季」という小冊子が発行されました。これは向島百花園のの創設200周年を記念してのことだそうです。
春の花を見ていたら「しろやまぶき」の花を見つけました。

shiroyamabuki.jpg

これは私が百花園で撮影して来たしろやまぶき。山吹というと黄色い花を思い浮かべますが、私はこの白い花が大好きです。
春きたりなば夏遠からじ?  ってかんじの初夏を思わせる花ですね。

この花ごよみと同時に「江戸の花屋敷〜百花園学入門」という本も出版されました。およそ200年前の文化元年(西暦1804年)頃、佐原菊塢(きくう)によって開かれてから、数回の洪水、戦災などに翻弄されながらの現在までの歩み、ここに集った多くの文人墨客の様子、ここで生まれた隅田川焼きのこと等、かなり読み応えのある内容になっております。価格は1000円と破格値だと思いました。
「文人達の足音」の章に江戸千家流祖 川上不白の名を見つけました。私達が今教えて頂いている江戸千家当代家元は十世になります。

桜の木の緑も日に日に濃くなり、夏の気配ももうすぐそこなのかもしれません。もう少し春を楽しんでいたいです。

posted by 山法師 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月09日

8ヶ月冬眠していました

昨年8月の記入以来8ヶ月、すっかり放置しておりました。
色々請け負ったことが多くあり、忙しかったことが最大の原因でしたが、またコツコツと少しづつ、残して行こうと思います。

今年の桜の開花は3月23日でした。花の下でゆっくり眺めるチャンスには恵まれませんでしたが、ここ2週間くらいは車で都内を走り回る事が多く、桜の名所を車窓から見物致しました。

shidare.jpg
このしだれ桜は自宅の近所、時々野菜を買う無人販売所の、たぶんお隣のお宅のお庭にさく大きなしだれ桜の木です。毎年、すばらしい咲き具合です。

yasukuni.jpg
ここは靖国神社。靖国通りを新宿方面に向かいながら、信号待ちの間に車の窓を開けて、パチリと撮影しました。風の強い日で、はらはら桜吹雪でした。

edohaku.jpg
江戸東京博物館へ配達に行った折、駐車場手前の信号で停車中に撮影しました。この日はお隣の中学で入学式だった模様で、この桜の下で記念撮影をしている親子がたくさんいました。

今年も桜はエネルギッシュに咲いていましたが、昨日の強い風雨にとどめを刺された様子です。今朝見た桜の木は蘂の赤がたいそう目立ち、緑の若葉もチラホラでした。
春本番、新しい事を始めてみたくなりました。


posted by 山法師 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記