2008年12月03日

15年間

またまたずいぶん永いこと更新せずに来てしまいました。
タイトルの「15年間」とは、いったい何だと思われますか?
実は私には高校三年生の娘がおりますが、3才の春に入園した幼稚園で3年間、その後の小学校で6年間、そして中高一環の女子校で6年間、合計15年に渡り私はお弁当を作ってきたのです。娘の学校では高校三年生は12月初めで授業が終わります。昨日が高校最後の授業の日。そして、私の15年間に及ぶお弁当作りも最後の一日でした。昨日の朝も起きて来ない娘に声をかけながら、朝食の心配をしながらのお弁当作りでしたので、バタバタとすぎてしまいましたが、娘が登校した後で、しみじみと思った事は
   「もうお弁当作らないんだな」
ということでした。お買い物をする時にも晩の献立を考える時も、いつも頭のどこかに「お弁当」のことがありました。彩り良くするために緑のお野菜が・・・・前の晩に煮物があると助かるな・・・等。そんな心配をする必要がなくなり、少し気が抜けてしまった感じです。
おかずを分けて入れるのに使っていた「アルミカップ」が残っていますが、さて、何に使いましょうか。
そういえば、デジカメを初めて購入した幼稚園の頃、毎朝のお弁当の写真を撮っていましたっけ。久しぶりに見てみようかな、なんて思いました。
さて、今年もあと一月、しっかりしなくては。
posted by 山法師 at 16:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記