2007年05月23日

植田

五月晴れを通り越して初夏の様な陽気の日が続いてます。今朝は自転車で通勤しました。冬の間、葱坊主の並んでいた畑が春になり、今度は何を植えるのかな?と思っていたらいつの間にか「水田」になっていました。

ueta.jpg

早苗が根付き風にそよぐ水田に空を映しています。もう少し成長すると空は映らなくなってしまうのでしょう。ちょうどこのような田植えを終えて間のない水田の様子を「植田・うえた」というそうです。
白鷺が何かをついばんでいました。のどかな光景です。
白鷺とは白い鷺類の総称で、ダイサギ・チュウサギ・コサギをさすそうです。この植田にいるサギ、大?中?小?大きさ、足指の色、冠羽の有無等で判別するそうです。
posted by 山法師 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4086640

この記事へのトラックバック